Category Archives: 鉄道

トロッコ嵐山駅周辺の見所

トロッコ嵐山駅の南側には竹林に囲まれた小道が続き、そこを嵯峨駅に戻るように行くと「源氏物語」ゆかりの野宮神社がある。
ここはかつて、皇女が身を清めるための場所の一つで、「源氏物語・賢木の巻」には野宮に籠った六条御息所を、光源氏が訪ねていく場面が描かれている。
現在は、神社に祀られた野宮大黒天が縁結びの神様として、若い女性に人気を得ている。
ゼロファクター5αspローションの効果・評判 ヒゲを薄くするなら

トロッコ嵐山駅の北側の小倉山の中腹には、紅葉で知られる常寂光寺がたたずむ。
本堂、妙見堂、多宝塔などがあり、特に紅葉に包まれた石段を登りつめた先に姿を現す多宝塔は秀麗そのものだ。

トロッコ嵐山駅を出た列車はトンネルに入り、そこを抜けると辺りは一変。
保津川が寄り添い始める。
川面を伝わる心地よい風に髪をなびかせ、眼下には岩をはむ清流が間近に迫る。
列車が保津川にかかる鉄橋の上に差しかかると、ここで一旦停止。
四季折々の自然の変化を見せる保津峡をゆっくりご覧くださいという心憎い演出だ。
リシリッチ利尻ヘアクリームお試し品の販売店はどこ?

大糸線の魅力

雄大な北アルプスの山容とともに走り、やがて日本海へと至る大糸線は、大自然の恵みを再発見する旅でもある。
ピュアルピエの効果や口コミを紹介!!通販最安値の購入方法

今も城下町らしいたたずまいを残す長野県松本から、穂高、信濃大町、白馬といった高原の町を経て、新潟県の糸魚川へと至る大糸線。
全長105・4km、42の駅を結んでいる。
車窓からは雄大な北アルプスの山容をはじめ、アルプスの鏡と呼ばれている仁科三湖など、豊かな自然の姿を望むことができる。

途中、南小谷駅を境に大糸線はJR東日本からJR西日本の管轄へ。
電化区間も終了し、ディーゼル車両に乗り換えると、線路も険しさを増し、トンネルと鉄橋が続く。
前半と後半で全く異なる車窓風景も楽しい。

起点となる松本は、国宝松本城をシンボルとする城下町。
北アルプスの山々が北西にそびえ、東には美ヶ原高原を控えた自然環境から山岳都市と呼ばれ、多くの登山者や観光客を迎えている。
松本城が築城されたのは約400年前。
クリアンテはワキガに効果なし?気になる口コミの真相は…